2008年7月17日

ライト・ストラクチュア(ボルネオ編)

先週、マレーシアのコタ・キナバルという海沿いの街に出張した際に、プロジェクトの敷地近くの水上集落を見学した。

これが、先述の大工仕事をもっとずっとプリミティブでワイルドにしたような、「野生の意匠」の権化みたいな風景だったのだ。

物干し台の原型、というにはいささかスケールと数量が桁外れだが、こうしてみると、「大工さんの物干し台」がじつに、アジアの風景に思える。

通路は幅1200くらいのボードウォークである。これが路地みたいに家々の間を縫って続いている。というか、順番から言うとボードウォークがまず伸びて、それ沿いに家が建てられるらしい。

柱が不安なくらい細くてかっこいい。柱や梁はだいたいウリン材であって、この細さ。地元の木がハードウッドなのだ(ウリンの産地なんだから当然だが)。

家々の軒が深くて勾配が浅くて、何気に窓がジャロジーだったりする。

ちょうど引き潮だったようで、ボードウォークの下に砂の広場が出現していて、子供たちがたくさん遊んでいた。

電気も水道もちゃんと引いてあるし、それぞれの家にはテレビの衛星アンテナがついていて、けっこう豊かな生活をしているように見えた。でも、排出系インフラの整備が駄目なようで、陸に近い箇所にはゴミが打ち寄せられていてすごいことに。

汚水の配管もなかった。たぶん、そのまんま海に直放流なんだろう。

住民の人たちは非常に気さくでフレンドリーで、村に踏み込む際に勝手に予想したような警戒や敵意をぜんぜん感じなかった。田舎だからかもしれないが。特に子供たちの生き生きとした様子が感動的で、むろん、こちらは旅行者的に身勝手な立場ではあるのだが、なんかこう、心が洗われるような気持ちがした。

自分が構えたカメラのファインダーがそのまんま、リアルタイムで「ナショナル・ジオグラフィック」みたいだった。

この村の空撮:

大きな地図で見る
陸地側の中央付近にモスクがあるのが見える。モスクは、周囲の区画と無関係にメッカの方角を向いているので、街路に対して振れた角度をしているため、一目でそれとわかる。


あと、これは水上集落と関係ないけど、敷地の近くに完成したばかりのオフィスビルの地下駐車場。まだ車が全然入っていないので、なんとも非現実的な光景だった。

ちょっと、大山さんの写真を思わせる。

ライト・ストラクチュア(日本編)

通勤の途上、電車内で余白のないスケジュール手帳を眺めていると、あまりのことにこのまま目的駅で降りずに乗り続けて行方不明になってしまいたい抑えがたい衝動さえ覚える昨今、それでも週末は必ず仕事を休むようにして、裏庭にデッキや雨よけ屋根なぞを自作しつつあり、そのためもあって、最近、街を歩くごとに他人様の家々のデッキやカーポートや物干し場の造作が気になる。

そういう目で眺めると、こうした住宅の「外付け」施設には、住宅本体以上にその家の住み手の事情が反映されていたりして、そのバラエティが興味深い。

僕が好きなのは、こういう簡素な木造に波板を乗せた、シンプルなやつである。

これは、柱が鉄で屋根だけ木の混構造。

これはぜんぶ鉄だが、この細い片持ちが素敵。

これも構造はハイブリッド。接合部の仕口がよい。

これは、柱の細さと、梁の飛ばし加減が印象的。

これは、僕の通勤路上で最も気に入っているもの。

反対側から。接合のディテールといい、材の太細のメリハリといい、全体のプロポーションといい、ペンキの白さといい、もう見とれてしまう。材料の大きさの単位が尺寸だからだろうが、寸法のありかたが身体的で、なんともセクシーである。

また、屋根の上にまともに乗っている、絵に描いたみたいな「物干し」なのが素晴らしい。最近の住宅はほとんど総2階だから、こういうのは望むべくもない(我が家も同様だ)。

これはぜんぶ鉄で、柱が通ってなくて、柱自体が筋交いみたいなことになっている。駐車スペースの確保のためだと思われる。

これはアルミの、おそらく既製品のキットである。

見ると、アルミの既製品にも意匠の歴史があることがわかる。古いものほど、様子が木造に似ている。

それが、新しくなるにつれて、アルミやポリカの物性を生かした形態になってくる。

たぶん、当初、アルミの部材は木の代替品として出てきたのだろう。それが、次第に「素材に素直な」合理的な作られ方になってきたのだろう。カーポートのモダニズム。最近のものほど部品の点数も少なそうだし。

一方、たとえば「カーポート 木製」などと画像検索すると、2x4材を使いまくった、ウッディで極太の構造物がぞろぞろと出てくる。これら、「アルミ+ポリカ既製品」と「ウッディ極太」が、たぶん僕らが今日最も目にすることが多い「住宅の外付け施設」の姿である。

あの、屋根の上の白い物干し台のような、「建築家なしの建築のプロ」とでもいうべき、「大工さんの仕事」はどこへ行っちゃったのだろうか。なんか、アルミ成型の工場と、エクステリア屋とが、大工さんをリプレースしちゃったような感じである。

と、実はここまでは次の記事への長い前振りなのだった。