2007年11月27日

川合健二マニュアル

か、川合健二すげえ。
取り急ぎ。
追記予定。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://fieldsmith.net/mt/mt-tb.cgi/728

コメント

こちらにも一昨日届きました~
川合健二さんの鉄缶ハウス。まとめられた本が出るとは!
望外の喜びです。まだ1000冊残ってるので注文しましょう
川合健二さん生インタビュ記事が無いのはさびしが
(ナゴヤの雑誌社が生前インタビュ。その記事を持ってます、欲しい人は連絡のこと)
しかし、過去の対談もあり(あの宮本さんとも)
建築基準法との関係の記事があり
ミーハーなしで「リアル」が増し佳い本ですね~

菅平の正橋さんに会いに行き話をお聞きした事があるのですが
他にこんなにあったのか~・・皆さんいい顔してます!

2008年初の購入書籍が「川合健二マニュアル」となりました。マニュアルという立ち位置に中谷礼仁さんの含蓄がにじんでる。出版するという行為の意義をあらためて感じたのでした。

宣伝よろしくおねがいします。販売苦戦してるみたいだし。

こんにちは。予約いただいた方に早めにお送りしたのが功を奏しました。
口コミで広がっています。書店でのジャケ買いもあり、好調です。
皆様の真摯なご対応、心より感謝します。

連投すいません。
むしろ1年を経たずに品切れになる方が怖いのです。再版はアセテートにとってみるともっとも危険な賭けになります。一回100万円ぐらいかかりますから、ことによっては再版によって
好調なので再版したが意外に売れず→資金消滅→活動停止→アマゾン・マーケットプレイスでプレミア→泣
という最悪のシナリオがまちうけています。
それを回避する方法をさがしているのですが、なかなか見つかりません。
好調でも低調でも困る。とにかく必要な人に的確に届けたいのですが。

本は生きものです。こわいです。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)