2007年4月13日

オープン軽トラ

樹木の材料検査に訪れた土浦近郊の農地にて。

検査したシダレザクラが植えられていた畑の隣にあったナシの農地に、
空港で見かけるみたいな、不思議な車輌を発見。


なんと、上部をカットした軽トラック。
どうやら、梨畑のワイヤーと枝の下を動き回れるように改造しちゃったもののようだ。
行為の大胆さと、細工の無造作さがすばらしい。ワイパーが片方だけ残ってる。

コンバーチブルでなくて、「コンバーテッド」。
動いているところを見たい。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://fieldsmith.net/mt/mt-tb.cgi/650

コメント

遠景で見ると、コワいなあ・・・

スパッと・・・五右衛門の仕業か(?)

まるで合成写真のようですね。
電気系統などは問題ないんですね。すごいな。
農家なら,金属を切る工具くらいあるのかな。

フォトショップか何かで加工した画像みたいですよね。
というか実際の光景も合成写真みたいでした。。。

ナンバプレート外しちゃってるから公道は走らないんでしょうけれども。

こんばんは^^
うちの近くにもこのような上だけない軽トラがあります
なんで上だけないのかなと思ったら
低いところを走るためだったんですね

こんばんは^^
うちの近くにもこのような上だけない軽トラがあります
なんで上だけないのかなと思ったら
低いところを走るためだったんですね

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)