2006年6月29日

世界の中心を眺めた福沢先生

七転八倒のすえ校了した「セヴェラルネス」書評が掲載されました。

10+1 web site|テンプラスワン・ウェブサイト

いやしかし、僕はほんとに「書評」なんぞ書く柄じゃないな。ということを再び自覚した先週であったのだが、このためにまたこの本を持ち歩いて、何度も読み返す機会を得たのは収穫だった。最初に、いかに杜撰な読み方をしていたかということもわかったし。この件、もうすこしフォローをこちらに書く予定。


木曜日。
田中浩也さんに呼んで頂いて、慶應義塾大学・湘南藤沢キャンパスで「デザイン言語」講義。

音楽ホールみたいな大教室で、スクリーンに画像を映しながら、マイクで喋る。履修学生は、少なくとも200人くらいは居たんじゃないかと思う。ほとんど全員が卓上にノートPCを広げて受講してる。SFCならでは、というか、ちょっとした光景だ。

「講義」の内容は、10+1「グラウンディング」のために仕込んだネタ(理論編)と、団地ナイト向けに作ったネタ(実践編)に、先々週の「SFCフィールドワーク」の成果を加えた、つまり、いつものとおりの「持ちネタの組み合わせ」。でも、学生さんたちの反応も(少なくとも演壇から見る限り)上々だったし、楽しんでもらえたようで、ほっと胸をなで下ろした。やれやれ。

講義の後、担当教官の田中さん、中西康人さん、(脇田さんがたまたま不在だった。残念)それと他の講義でちょうど来塾してた佐々木一晋さんも合流してくれて、なんかいかにも「そっち系」のメンツ4人で、キャンパスのカフェで一息入れて帰ってきた。

この講座は、履修者は毎回、出席票に講義の感想を書いて提出して帰るということになっている。回収した出席票の「山」を見せてもらった。なかなか好評で、しかもたまに、こっちが期待した以上に「掴んでる」子を発見したりもし、「先生業の醍醐味」の片鱗を味わった。ふっふっふ。田中さん中西さんありがとうございました。帰路、駅まで佐々木さんが車で送ってくれて、竹林コンサートのお話を伺った。うう、聴いてみたい。

以下、追加伝達。

  • GPS受信機は、楽天で「GPS」と検索するとぞろぞろ出てくる。手軽なお勧めはGarmin社製の「GEKO 201英語版」なのだが、これはPCとUSB接続ができない。8千円ほど高くなるが、GPS60英語版のほうがいいかも。
  • Kashmir3Dは必携。ただし、ソフト単体をインストールしても、表示する地図/地形データがないと何もできない。基本的な地図データが入った付録CDつきの「オフィシャル」入門書があるので、これを買ってインストールし、その後オンラインでソフトだけ最新バージョンにアップデートするとよいと思う。
    Amazon.co.jp:カシミール3D入門—山と風景を楽しむ地図ナビゲータ: 本
  • 「福沢先生は世界の中心に目を注いでいる」はぜひ、SFCのトリビアに。
  • 感想文に「福沢輪吉」と書いた何人かのキッズは、塾生として深く恥じ入るように。

    追記:いや、
    講義中にブログ書いてても
    いいんだが、せめて「過去形」で書いてくれ。

  • トラックバックURL

    このエントリーのトラックバックURL:
    http://fieldsmith.net/mt/mt-tb.cgi/557

    コメント

    書評読みました。すばらしいテキストじゃないですか!
    さりげなくラ系へのメッセージもあったりして(笑)
    リンクはらせてもらいます。

    さて、(とおもむろに本題を切り出す)、
    ラ系学会の分科会原稿のチェックもよろしくお願いします。
    6日までに出せと言われてますので。。。
    こんな場ですいません。

    おお。すみません。
    特に修正個所はありません。
    (て、そういうんでいいんでしたっけ)

    福澤 輪吉 これなんてよむんですか
    りんきち ですか。 福沢倫基地  日本倫基地 
    福島リンゴ基地 福島論基地・・まともな感じ思い出せません

    「諭吉」って書きたかったんだと思います。
    でも、何人も間違っていたことを考えると、「諭」は「輪」という誤字を誘発する何かがあるのか。

    しかしその、「福島リンゴ基地」の原形の留めなさがいいです師匠。

    すみません、問題のブログを書いた学生です・・・
    (アクセス解析からたどってきました)
    そして、質疑応答で「GPSアートので上手くGPS軌跡を記録するコツ」を聞いた学生だったりもします。
    ずっとブログを書いていたわけではなくて、ちゃんと講義は聴いていましたよ!と主張してみたり・・・
    ごめんなさい;

    おお。あの、質問の口火切ってくれた、あなただったんですかー。どうもありがとう。
    いや、聴いてくれていたのはわかってますって(笑)。

    では今後、地表活動(フィールドワーク)の企画のおりにはお誘いのお知らせを回します。これもご縁だ。

    コメントする

    (初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)