2006年4月18日

京阪グラウンド

迂闊にも(そもそも僕は迂闊が服を着て歩いているような人間なので、わざわざ記すまでもないのだが)、国土地理院の5mメッシュ標高データに、京都と大阪と福岡が追加されていたのを見逃していた。

数値地図5mメッシュ(標高)刊行範囲

というわけで早速入手してデータをパソコンにコピーし、kashmir3Dで表示。

5mメッシュ(標高)大阪。

すげー。上町の台地の地形的突出ぶりが際立っている。
それにしても、驚くような「0m地帯」の大きさ。
埋め立て地の先端ほど標高が高くなっていて、海岸沿いに地形が逆転しているのは東京の湾岸と状況が似ている。

よく見ると、おそらく付け替え以前の大和川の流路だったのだろう蛇行する谷や、条里制のグリッドが地面に刻まれているのが見える。収録範囲がもうすこし南に広かったら、堺の微地形とか、古墳群とかが見れたのになあ。惜しい。

5mメッシュ(標高)京都。

収録されている範囲が限られているのと、京都盆地は傾斜が強く、標高差が大きいので、微細な地形を広範囲に表示する色分けの設定が難しいが、特定の標高に絞って眺めると、例の細かい凸凹が見えてくる。

桂周辺で、標高20mから25mの範囲にチューニング。

中央の穴ぼこが桂離宮。
この土地が、桂川の流れに沿うように、南東へ向けて緩やかに下る「微斜面」にあり、離宮の池泉は桂川へ流れ込む小さい支流をせき止めているような格好で作られていることが見て取れる。池の南側の護岸が急なのはそのためだ。
笑意軒が乗っかってる部分が「堤」になっている。まるで堤防みたいだ。スマイリー・ダム。

2006年4月17日

king of kings

ろくに落ち着いて食事を摂る暇もないようなスケジュールで激しく移動しつつも、途中で立ち寄ったシカゴでは懐かしい場所へ帰ってきたような気持ちにもなり、やっぱり俺は西海岸のやたらとクリアな洗ったみたいな都市や、イギリスまであと一歩みたいな東海岸の都市よりも、ちょっと地味な中西部の街のほうが好きなのだ、と思い知った出張旅行から帰国して、時差ボケで妙な時間に便意を催す日曜日。

地元の教会の復活祭礼拝に出席。

クリスマス周辺とイースターだけ教会へ行くなどという不真面目なことをしていると、そのうちに雷に打たれるかもしれん。

なんとなく成り行きで、午前中の礼拝のあと、午後の祝会にもそのまま出ることになり、そうしたら聖歌隊のリーダーから「男声が足りないので一緒に歌って!」と声をかけられ、思わずハイと返事をしたら、手渡された譜面はヘンデルのメサイアの「ハレルヤ」だった。

いやこれは、ぶっつけ本番でなんとかなるような曲じゃないような。というかせめて発声練習でもしたほうがいいんじゃないか。と思い、ピアノが置いてある別室へ行って、歌いだしのところを弾いてみたら、音程が、僕が予想していたよりも4度くらい高かった(←絶対不音感)。

しかも、ステージに立ってみたら、ほんとに男声が少なくて、テナーは僕一人。ポリフォニックな歌なので、旋律の「順番」が回ってくると、テナーがメロディパートになる(つまりソロ)。大汗をかいてしまった。かつて、まがりなりにも「テナー係」が勤まっていたのは、両隣にオリュウとタケノブヤがいたからだったのだ、と、声がかすれた四半世紀ぶりのハレルヤなのでした。まだ頭の中で、フォーザーロードゴッドムニー、とか鳴り響いてるぜ。とほほ。

2006年4月 4日

a couple of new toys

アメリカ出張は、よくもここまで圧縮して詰め込んだなと感心する(目眩がする)くらいの、いったいいつ食事をとるんだろうと思うほどの強行軍で、西から東まで、一週間あまりの旅程で5都市を回ることになっている。せっかくシカゴを通過するのに、知り合いに会う時間もない。

でも、せっかくの機会なので、いくつかツールを新調した。

ひとつは、GPSMap60CS-Jにインストールできる、北米の詳細地図。ルート検索機能付き。これをVAIOに入れてゆき、手元の街路地図としてGPSを使いつつ、ホテルへ戻ってその日のログを保存する。うっふっふ。この出張の、数少ない楽しみのひとつになるかもしれない。

もうひとつは、ついに新しいデジカメ。これまで修理しつつ愛用してきたIXYは、これはこれでまだ使えるが、僕も妻も持ち歩くし。というわけで買ってしまった。
のは、RICOHのGR-D。21mmコンバージョンレンズも一緒に買ってしまった。

僕はもともとGRユーザーだ。結婚前(ということはもう10年近く昔)、やはり仕事で海外へ出張する際に、広角が撮れるコンパクトカメラを探していて、たまたま、発売間もないGR-1を買った。そうしたら、それ以来、それまで使っていたコンタックスの一眼レフで、ぜんぜん写真を撮らなくなってしまった。GR-1があまりに具合良いので、重い一眼を持ち歩くのが億劫になっちゃったのだ。2度の修理を経て、いまでも健在。

その後、21mmレンズをつけたGR-21が出たとき、すぐさま買った。28mm固定レンズのコンパクトカメラと、同じシリーズの21mm固定を両方持っているというのは、今にして思えばよくわからないカメラ所有だが。

去年、GRのデジタルが出たときから、注目はしていたんだけど、以前にRICOHのデジカメで失敗したことがあったので、ちょっと様子を窺っていたのだのだった。しかるに、あちらこちらできわめて評判はいいし、森山大道氏も使っておられるようなので。

手元に届いた実物は、まさにGRという形と手触りが「ジッポライター嗜好」をくすぐるし、なにしろびっくりするような写真が撮れる。これは楽しい。GR-1を買って街を歩き回っていたころのことを思い出した。これは当分、外へ出るのが楽しいぞ。

↓ウチの歴代GR。

GR digital倶楽部に入れてください。秋山さん。

2006年4月 2日

流れよ我が涙、と景観は言った

大陸系の業務がいきなり激ペースになったうえに、今週半ばからアメリカへ1週間ばかり出張することになり、国内業務が圧縮されて発火寸前、であるにもかかわらず、相変わらず「月光仕事」が隙間に滑り込んでくる、のは自分が好きでそうしているのだから自業自得なのだった。

火曜日。
夜、MDRの編集長と、編集の横田さんが来られ、次号の企画についてすこし打合せ。グラウンディングの「実践編」第2弾や、今回の特集の打ち上げその他の話題なども。
「グラウンディング」で完全に消耗したので、10+1的ガッツはすでに残っていないが、ちょっとのご協力なら可能だとお伝えする。そしたら、まるで爆弾のお土産のように、誰がどう考えても僕に不相応な書評の仕事を依頼された。しかも著者の方のご指名だという。ううむ。嫌も応もなく拝命する。う。すでに胃痛が。

木曜日。
雑誌「confort」の編集のトヨナガさんが来られ(お会いするのは5年ぶりくらい)、次々号あたりの特集に関連して打合せ。話しているうちに、confortのノリを思い出した。そうだ、こういう雑誌だったなあ。

上記、10+1の次回特集に関連して、「景観」についてまた少し考える。

42号の連載でも、五十嵐隊長が「美しい景観を創る会」に代表される「醜い景観狩り」を批判している。論旨は「景観の美醜はあくまで相対的なものだ」という、いわばあたりまえのことである。ただ、五十嵐さんは、近年の動向に、こうした価値観がオフィシャライズされること、それを支える民族主義的なメンタリティに対して危機感を抱き、かつこうした動向に姑息に便乗して利益を誘導しようとしている相変わらずの不動産/建設資本に対してむかついている。あと、ハイ・アーキテクチュア関係者の矜持もあるかもしれないが。もしかしたら。

批判の内容自体はじつにまともで、付け加えることはない。現在、議論されている「景観」は、これまでの都市的活動の結果、現れている事態なのであって、それだけを取り出して「醜い」と評し、その部分だけの操作で「美しい」ものにしようとしても、そもそも無理である。この点については、去年制定された「外来生物法」に似ている。いくつかの在来の生物種が存続の危機に見舞われた、最大の原因は「開発」である。生物圏内の種の構成にだけ構図を狭窄して注目し、特定の外来生物を駆除しても、日本の生態系が守られるわけではないし、むしろそういう誤解は、より大きな「事情」から目を逸らしてしまう。

興味深いのは、彼らが槍玉に挙げている「悪い景観」が、どれもこれも「B級」というか、無意識の産物というか、「意図せざる景観」であることだ。なんだか、「コントロールされていない景」がダメだと言っているみたいに見える。「景観ガイドライン」とかを作って風景を「美しく」しようとする人たちが考えそうなことだ。

僕自身は五十嵐さんの危機感(ご本人によると「怒り」)はわかる。でも、いわば「景観相対主義」が強調されすぎることにも同じように危機感を感じてしまって、なんというかこのへんは割り切れない。いや、同じことを何度も書いているんだけど。

ところで、僕ら親子が自転車で毎朝通る、保育園への通園路沿いにあった、広い造園樹木の圃場(植木の畑)が消えて、宅地開発が始まった。自宅のすぐ近くである。妻が聞いたところによると、遺産相続に伴う分配問題の結果らしい。「畑」といっても、樹高10mを越えるケヤキやスダジイが文字通り「林立」した、ちょっとした緑地だった。このあたりの気温に影響が出るかもしれないと思うくらい、けっこうな面積の樹林帯がごそっと消えた。樹木の移設と整地が終わって、区画が区切られて基礎工事が始まったところで、うわ、やっぱり一戸建てのミニ開発だったのか、と嘆いた僕を、チャイルドシートから見上げた3歳の息子がいわく、

息子「お父さん、木がいっぱいのほうが好き?」
僕「うん、木がいっぱいあるほうが好きだねえ」
息子「ミノリはお家がいっぱいのほうが好き。」
僕「・・・・・」

なるほど。
こんな身近なところにも、景観相対論的事例が。

「グラウンディング:地図を描く身体」補遺

10+1 No.42 特集「グラウンディング:地図を描く身体」補遺


正誤リスト(石川執筆分)

入稿前に、ちゃんと著者校正をしている時間が取れなかったため、特に図版のキャプションが間違いだらけになってしまった。

  • p44、図版1
    (誤)カシミール「5mメッシュ標高」に描かれた・・・
    (正)「数値地図5mメッシュ(標高)」をカシミール3Dで表示した地図に描かれた・・・
  • p55、図版の真ん中あたりのテキスト
    (誤)GPS受信機の高度計は気圧にも反応するため、次第に高くなっていった様子が・・・
    (正)GPS受信機の高度計は気圧にも反応するため、(時間が経つにつれて)気圧が下がっていった様子が・・・
    (標高値は高くなって行くが、これは気圧が下がっていったため。)
  • p56-57、建物入り立体地図の矢印
    (本来、v.1からv.6までは、その下のアイレベルの透視図の視点と方向を示すものだったのだが、「地点」を示す矢印のようになっている)
  • p79、図版2
    トリミングの間違い。本来は右ページの鳥瞰図と同じ構図。
  • p82、図版のキャプションがごちゃまぜに間違っている。
    1と6が「Degree Confluence Project」の図版。
    2と3が「GEOGRAPH」プロジェクト。
    4と5が「Chicago Mile by Mile」という個人のプロジェクト。
  • p88、図版7
    (誤)出典=国土地理院「数値地図5mメッシュ(標高)」
    (正)出典=国土地理院「数値地図50mメッシュ(標高)」


    p146、「グラウンディング・ブックガイド」追記(石川担当分)

    貝塚爽平氏の地学の入門書はどれも面白いが、特に「東京の自然史」(紀伊國屋書店、1988)はおすすめ。学説としてはいささか古い部分もある(らしい)が、このように案配よく網羅的な入門書はなかなかない。いまでも、様々な出版物や論文で、東京の地形、特に台地と低地の分布を示した図は、しばしばこの本から引用されている。初版は同じ出版社から、1964年。これまで「こういう」視点で東京を眺めたことがなかった人が読めば、目からウロコの体験になるだろう。

    鈴木理生「図説 江戸・東京の川と水辺の事典」柏書房、2003。
    「水」から東京のプロフィールを描いた本。水は地形を映し出すメディアである。分厚いし高価だが、暗渠化されたものも含めて、東京の「川」が「ぜんぶ」網羅されていたりして、手元に一冊あって損しない。と思う。

    若林幹夫「地図の想像力」講談社選書メチエ、1995。
    以前から持っていたのだが、今回、この特集記事のために再読して、電車の中で何度も本を取り落としかけるほどの思いを味わった。近年、何かを思いついて調べ始めると、たいていの場合その先に若林幹夫氏の本があるような気がする。。。「地図の想像力」は現在品切れのようだが、Amazonのマーケットプレイス等でも購入できる。本論もエキサイティングだし、巻末には詳しいブックガイドも載っていて、きわめて使える本。

    田島則之他編「都市/建築フィールドワークメソッド」INAX出版、2004。
    この方面のブックガイドとしても使える。

    沼田眞+岩瀬徹「図説 日本の植生」講談社学術文庫、2002。
    沼田眞氏の本は、ある分野の科学者としての節度と視野の広さとが同居しているところが、貝塚先生の本と似ている。「景相生態学—ランドスケープ・エコロジー入門」朝倉書店、1996、などを読むと、日本の地理的条件に即した、使える景観生態学を構想しつつあったように思える。「東京湾の生物誌:東京湾シリーズ」築地書館、1997、もお薦め。

    今尾恵介「住所と地名の大研究」新潮社、2004。
    今尾氏の本はどれも面白いが、僕は特にけやき出版から出ている「初期」のエッセイ集が好きだ。「住所と地名の大研究」は、「地名が消えるとき---『下田』保存運動・失敗の記」が圧巻。

    (この項目はさらに追記予定。)


    執筆者関連リンク

    jm@foo: 久々に

    Piroya Diary: グラウンディング

    安藤日記

    中谷礼仁・記録・2004-, Nakatani's Blography
    過分なご紹介を頂いてます。

    スケッチ・オブ・ザ・デイ:『ランドスケープ批評宣言』増補改訂版発行!


    お手元に一冊、ぜひどーぞ。>各位。何かフィードバックを頂けると幸いです。というか、一緒に何かやりに出かけましょう。