2005年12月 4日

You Don't See Me

地面のふりをしているマンホールやハンドホールの蓋を「化粧蓋」と呼びます。
化粧蓋にしたとたんに、設備工事じゃなくて建築工事になっちゃうんだな。工事区分上。
いやそれは別にいいんですが。


天津。最近建設されたニュータウンの、集合住宅の庭部分にあった化粧蓋。
ここまでこだわった化粧蓋は日本でもなかなかお目にかかれません。


こういう細部だけでなく、全体の配置も含めて、外部のデザインが非常によくできた住宅地でした。
デザイナーは北京の設計事務所。


でも、たまにこういうのが。


向きがずれてます。たぶん管理の人が間違えたんでしょうが。惜しい。


これなんか、木デッキ、自然石の縁石、洗い出しコンクリート、芝生、と、違う仕上げが4つも混在した、こだわりフタなのに。惜しい。


ていうか、見ればわかるだろう普通。ちゃんと置けよ。


こちら北京。
もっと端的に、芝生になりたかったマンホール。


さすがに無理。つやつや光ってるし。


・・・さすがに無理。

Powered by Manhole people - トラックバック・ピープル

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://fieldsmith.net/mt/mt-tb.cgi/486

トラックバック

» 今日のマンホール from Diario
大分県別府市・東京都・長野県塩尻市・大阪府四條畷市・中国天津市・北京市・山梨県大月市・静岡県富士市・神奈川県三浦市からマンホールが届きましたよ! 続きを読む

コメント

化粧板、置き方間違ってたら間違ってたで、桂離宮のような趣きが、、、ありませんか。

うーむなるほど。
これを「趣」として鑑賞する態度は思いつきませんでした。
高度な「すさび」だ。

もっと心に余裕を持たんといかんな。>じぶん

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)