2005年10月24日

Jack-O-Earth

そういうわけで、あと1週間でハロウィンです。
今年はGoogle Earthも出たことでもあるし(←ってどういう脈絡だよ)、地球儀にしてみることにしました。

今年はまだ、比較的小さいカボチャしか手元にないので、まずは試作のつもりで。

穴を開けずに、カボチャの皮を剥ぐだけの加工で、世界地図を彫刻。


「赤道」部分で上下に分割して中身を掘り出す。


夜、キャンドルを入れるとこんな感じです。東半球。


西半球。


アメリカ大陸。


白いミニカボチャで「月」も作ることにしました。
絵柄はまあ、シャレです。ご勘弁ください。


ウサギが餅つきしている月面。


二つ並べて、「月を従えた地球」です。
The Jack-O-Earth and Jack-O-Moon。

というわけで、ようやくネタがひとつできたので、「まわりぶろぐ」にトラックバックだ!
まわりぶろぐ: 「まわりぶろぐ」自動更新のお知らせ
おお、ちょっと間に合わなかったよーだ。。。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://fieldsmith.net/mt/mt-tb.cgi/462

コメント

GJ!

石川%庭師さん!すごいよー!!
いつも楽しませていただき,感謝!!

THX!>GJ

タイからわざわざコメントありがとうございます。
つうか、タイにいらっしゃるんですか!学会?>HAMACHI先生

月の模様を「兎が杵で餅搗いている」という風に見えたことがない子供だったんじゃない、石川君。だって、兎の向きが逆になっているよ。それとも、「The Dark Side of the Moon」あるいは「月の逆側の面」のつもり?

>月の模様を「兎が杵で餅搗いている」という風に見えたことがない

一度も見えた事がない(笑)。どういう目をしていたらあれがウサギに見れるんだ?と思ってたぞ。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)