2005年10月 5日

eTrex日本語カラー版発売。

eTrex Vista C 日本版
eTrex Legend C 日本版

ほほう。

値段はまだちょっと高いが、GPSMap60CS-Jと比べれば、LegendCなら4万円くらい安い。
僕はいま使ってる60CS-Jよりも、eTrexのカタチが好きなので、このシリーズがこうして残るのは嬉しい。

これも気になる。
explorist500 J

ただ、形も性能も申し分ないのだが、「explorist」っていう「名前」がいまひとつなのだ。
「エクスプロリスト」。ううむ。なんか、かわいくない。
その点、「イートレックス」てのはいい響きだ。eTrexの物体的なサイズと、機能的な「できること」と、名前の「感じ」がじつに、うまく一致してるような気がする。

GPS受信機に限らないのだが、なんというか、製品の「キャラ」に「製品名の冴え」のピントが合っているものと、そうでないものがある。いや、これ、説明しろと言われても困る、まるっきり、僕が勝手に抱く「感じ」なのだが。

たとえば、「iMac」はすごくいいと思うが、いまだに「iPod」には違和感がある。ほかに呼びようがないので「アイポッド」と呼ぶけれど、もうすこし何とかならんかったのか。iPod。「クリエ」とか「バイオ」とか「サイバーショット」とか、ソニーの製品は軒並み駄目である。「ウォークマン」なんか、昔っから名前だけが嫌だった(クリエは愛用してるけど)。「Photoshop」「ThinkPad」「Exel」は好きだ。「Illusurator」「Word」「PowerPoint」は変だと思う。イラストレーターなんか、「.ai」っていう拡張子も嫌だ。でも、「.doc」はなぜか好きだ。その線では、「.html」「.exe」なんか好きだ。「.jpg」は仕方なく使うけど、本当は「.gif」のほうが好み。

いったいどういう基準なんだ、と、だから聞かないで下さい。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://fieldsmith.net/mt/mt-tb.cgi/450

コメント

クイントリックス
…って響きだけ脳裏によみがえったんですが,これ,なんでしたっけ?

テレビですよね。ブラウン管の方式か何かだったと思うんですが。
「Quintrix」
「ちがうよ、くいんとりっくす!あんた、発音悪いね」
ていうようなTVCMがありましたね。
って古いぞこれは。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)