2005年6月23日

地表の虎馬(台湾編)

実は僕もすでに仕事に使ってしまったGoogleMap衛星写真。

青井さんの作られた、新旧重ね描き:
semi@aoao 青井ゼミ: GoogleMapでお空を暴走。

これは面白い。これは本当によくわかる。
ほとんど暴力的な市区改正と、「都市計画的無関心」によって残存した旧市街の線形。
敷地をケズり取られても頑に位置を変えない「廟」。
雑草みたいに、新しいニッチに張り付いて隙間を埋めてるショップハウス。

この、時間差の地図、同じような絵を見たなと思ったら、これだった↓。
Suburban Landscape Search Engine - Chofu edition

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://fieldsmith.net/mt/mt-tb.cgi/376

コメント

お久しぶりです。やっぱりグーグルマップ話題ですよねー。その応用の仕方が石川さんも青井さんも素晴らしい。
実は当方のゼミでも、石川さんのGPSを参考に、ちょっと何かやらかしてみようと思っています。今必死に卒論生が石川さんのブログを解析中。いろいろと参考になっています。

石川さん、gif アニメとりあげていただいてどうもです。彰化は衛星写真のひずみもなく、地籍図からつくった復元図にわりとキレイに一致しました。快感。

それと僕、少し前は植民地の神社境内の研究をしてたのですが、境内跡(いまは森とか公園)とかも意外によく分かって面白いです(といっても、分かるのは僕だけかも)。

GoogleMaps、軽くてシームレスな操作性がすばらしいですね。

中谷さん:

>GPSを参考に、ちょっと何かやらかしてみようと

そそ、それは楽しみです。うーむ、頑張れ卒論生。描き散らかしblogでごめんなさい。

青井さん:

僕も、「たぶん僕だけが楽しんでる関係」の映像が山のように。ああ共有したい。「GoogleMapパーティー」やりたい。

あおいさんはじめまして 

あおいあにめ絵 うつくしい!!

これぞwebあにめのかがみだ
とわたしはおもいました

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)