2005年6月23日

本日の衛星写真

三重県。鈴鹿あたりか。

面白いのを見つけた。

画面を白い線が斜めに横切っている。
どうやら飛行機雲のようだ。
地面にその影が落ちているのが見て取れる。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://fieldsmith.net/mt/mt-tb.cgi/375

コメント

 初めて見た時は日本はほとんど見えなかったと思うのですが、かなり細かくなってきましたね。
 しかし、こういうのを見ていると普段いかに自然(山・川・池・海)を目印に場所の把握をしていないのかがわかります。

なんかこう、自分の中の、気分系の根源的な部分のスイッチに触れてきますこの衛星写真群。あーやばい。

視点を上に取らないと見えないものがある一方、衛星写真じゃわからないものもいっぱいあって。地上の普段の我々との、そこのあたりの認識の回路の違いみたいなものがありありと浮かんできますねえ。

現代の都市部では人工物に視線を遮られているからこういう広々とした視線を失っているのかなあ。広重の絵は地形がすごくよくわかるし。でもやっぱり空に飛び上がって描いているのも多いな。

そういう回路の違いを結びつけるのが、都市名なんかのテキスト検索だけだとつまらないなあ。なんか面白い使い方ないかなあ。

地上絵。

メカニック的に特にそそられるのは、URL(Uniform Resource Locator)が遂に地球上の実空間のLocationまで含んでしまったってことで、そこをうまく突く使い方を考えたいんですよねー。

期待大。

ていうかそれ、「URL」のコンセプトのほうに働きかけそうな、なんか夏への扉の予感がするぞ。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)