2005年4月 6日

Measure The Land

衛星写真サービスが Google Maps で始まった。:SOLA Blog経由にて。

Google Maps
これは楽しい。衛星写真が地図と行き来できるので、容易に場所を特定して地表を眺めることができる。しかしこの、サクサク動くスピード感はすごいな。地図の「view」をリンクできるのもいいし。

アメリカの航空写真/衛星写真は、東部よりも中西部や西部、都市部よりも田舎のほうが、大陸の自然と人為との拮抗が織りなす、極端にダイナミックな風景が見られて面白い。

アイダホ州の灌漑農場群、マックのフライドポテトの材料が生産されているところ。

ノースダコタ州、平原を覆うグリッド、まるでモザイク処理した風景画みたいだ。

モンタナ州の小麦畑のストライプ、これも過激。

かリフォリニア州、パームスプリングスのゴルフ場住宅地、細胞の顕微鏡写真のよう。

のたうち回るミシシッピー河下流、氾濫が作った微地形が農地のレイアウトを決めている。

ついでに、ミズーリ州セントルイス、フォレストパーク付近、画面中央の建物が、僕らが6年前に結婚式挙げた教会(すいません。つい)。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://fieldsmith.net/mt/mt-tb.cgi/329

コメント

ノースダコタ州の平原とモンタナ州の小麦畑,どこかで見たことある,何かに似ていると思ったら,自分の学位論文でした(笑).

あ、ほんとだ!これって「ピクセル」ですね。
そーか、その土地の広がりに最適化されるスケールの問題だったんだ。。。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)