2005年3月23日

GPS破損。

先週末。父母、妹の家族5人、我が家4人、の、オトナ6人コドモ5人による家族小旅行に、館山へ。

南房総は、かつて単車でツーリングに出かけ、フェリーで富津へ渡って海岸線沿いにひたすら走った、えらく遠いところだという印象を持っていた。でもいまは、アクアラインを渡り、そのまま館山高速道路へ入って南下すると、途中、未開通の部分で多少の混雑はあるものの、旅程はびっくりするくらい短くなった。高速道路の開通は地理感覚を改造してしまう。

新しい高速道路には、土木の最近の技術や思想(というと大げさだが、設計の『方針』のような)が反映されていて、なかなか面白い。館山道は、造成法面はすっきりと吹き付け緑化だし、立体交差のたもとは金属メッシュの土留めだし、ガードレールや道路境界のフェンスは亜鉛メッキむき出し色だったりして、一時期、公共土木物の表面を浸食していた、橋桁に色塗ったポップアート攻撃や、郷土のシンボルキャラ攻撃や、擬木擬岩化粧型枠焦げ茶色塗装の「自然物擬態」攻撃が影を潜め、簡素でなかなか好感が持てる。工事費用の節約のために、橋梁に色塗ったり電球付けたりする「デザイナー」を起用できなくなったのかもしれないし、それはいいことだ。土木構造物の醍醐味は、ぎりぎりまで練りまくって削り出した「標準断面」が織りなす「遠景」にあると思う。土木が「中景」に関心を持ち始めるとろくなことにならない(ことが多い)。

房総半島の東海岸の風景は、富津を過ぎて、鋸山を回り込んだあたりから俄然、様子が変わってくる。地形は急峻になり、波が荒くなり、植生の雰囲気ががらりと変わる。東京湾岸と太平洋沿岸の差だ。東京からこんなに近いのに、東北や北陸よりもずっと趣の異なる、ほとんどエキゾチックな感じがする。

国民休暇村『館山』に泊まり、翌日は半島南端をひとまわりして帰った。楽しいドライブだった。『フラワーロード』を過ぎてから白浜の手前くらいまでの海沿いの道は、カリフォルニアのハイウェイ1とか、17マイルドライブを彷彿させるような、ちょっと荒涼とした砂っぽい景色に、房総の漁村の片鱗が添景をなしていて、時おり建っているばかな南欧風のホテルやゴルフクラブや安普請別荘さえなければ、すごくいい風景になりそうな地域である。どうして観光地はああいう、ばかばかしくもわかり易い意匠をまとってしまうのか。灯台の先、海に突き出した岬状の敷地に、建て売りのような住宅が建っていたけど、ああいうの、オープンコンペとかにすれば、あのロケーションだ、低予算なのにかっこ良い住宅のアイデアが全国から寄せられるんじゃないかと思う。惜しい。

と、じつに気分よくドライブしていたのだが、休憩を取った際に、車の屋根にひょいと置いたGPSMAP60CS-Jのことを忘れて発進し、しばらくして気がついて引き返してみたら、車道に落下して他の車に轢かれたらしく、「GP」と「SMA」と「P60CS-J」くらいにバラバラになって路上に散乱しているのを見つけ、がっくり落ち込んで肩を落としたまま帰路についた。しくしくしく。現在、箱に詰めた欠片を製造/販売元のショップに、「有償修理」依頼とともに送り中。たぶん、規定料金で「取り替え」になると思う(あれは『修理』するレベルではなかった)。

空の目

Kashmir3Dの立体プレビュー機能を最大にしてぐりぐり動かし、KeyholeだとかNASA WorldWindとか、いかにもパソコンの負担の大きそうな、起動するたびに冷却ファンが嵐のように回り始めるやつを次々にインストールしたりしていたら、先週、見たこともないようなメッセージが出てきていきなり電源が落ちる、という危険な状態に陥り、ファイルのアイコンは見えてるのにカーソルでドラッグできないという妙な症状が出てきたため、必要なデータだけバックアップをとってOSをインストールし直した。2年半近い記憶を全部消されて若返った僕の職場のWINノートは、心なしかキビキビと動くようになったような。

Kashmir3Dを使って閲覧できる、会員制のオンライン航空写真(空中写真)サービス、「スカイビュースケープ」の提供エリアが一気に拡大されて、東京や名古屋や大阪の市街地が網羅された。
首都圏なんか、ほぼカバーされている。まるっきり仕事に使える。これで2,625円(税込)/年はほんとに安い。これはすごいことになった。
こういうのに関しては、すごいぞすごいぞと騒いでも、Kashmir3Dユーザーでスカイビュースケープの会員で、けっこう使いこんでいて、これで都内が見れたらなあ、と残念な思いをしていた人としか、「すごいぞ」を共有できないという障害があるのだが、幸いにして、僕の周囲にはそういうレアな人材が何人もいるので、「すげーよこれ」「うわーほんとですねすげーすね」と、喜びを分かち合うことができるのである。昨今。

2005年3月17日

bird's unbeaten track log

  • 宮本常一「イザベラ・バードの『日本奥地紀行』を読む」平凡社ライブラリー、2002

    宮本先生による、「日本奥地紀行」をテキストにした講義録。「日本奥地紀行」自体も面白いのだが、宮本先生の博覧強記的解説と、語り口がまた、なんともいい。でも、この講義がなされたのは1970年代、すでに30年くらい昔のことである。なんとなく時代を感じさせる記述も所々にあったりし、「120年前の紀行文を解説する30年前の民俗学者の講義」がなんか民俗学的資料にも見えるという。ちょっと目眩が。

    「日本奥地紀行」を初めて手に取ったのは、10年前くらいに友人達と東北へ旅行したときのことだった。5月の連休、残雪の朝日連峰の麓でキャンプし、東京への帰路、赤湯温泉に立ち寄った。赤湯の駅(エディ鈴木さんの、んまたろくでもない斬新な駅舎だったが)の案内所で、街の公衆浴場は観光客には熱すぎる、と言われ、初心者向きの温泉施設として、市が運営するクアハウスをお薦めされ、町はずれの丘を登ったところにあるその健康ランドのごとき場所へ行った。ジェットバスとか薬草湯とか打たせ湯とか巨大な露天風呂とか、まあよくある温泉施設で、それでもそれなりにお風呂を楽しんだ。1階には、「ワインレストラン」というのがあったのだが、入り口には「ショウガ焼き始めました」という手書きのサインが貼ってあり、中には座卓と座布団がずらっと並んでいて(内装の様子からして、もとの設計は椅子とテーブルだったと思われた)、おばあちゃんたちがお蕎麦を食べたりお茶を飲んだりしているという、カタカナ名称施設が目指したものと地元住民のディマンドとの埋められなかった乖離がかえって頼もしく好ましいような気がしてしまった「ハイジアパーク南陽」なのだった。

    で、その施設の一角に、地元の名産品や文化を紹介する展示コーナーがあり、そこに「日本奥地紀行」が置かれていたのだ。バード女史が米沢盆地北部の風景と豊かな農村の様子を「アジアのアルカディアだ」と絶賛していて、南陽市としてはそれが誇りであるようだった。紀行文の赤湯の前後を何気なく拾い読みしてみたら、バード一行が、赤湯に至る前に、新潟方面から黒沢峠を越えてきた、ということがわかった。「小国」「市野々」「手ノ子」と、聞き慣れた地名がぞろぞろ出てくる(なぜこういう山形県南部の山間部農村の地名を『聞き慣れ』てるのかという説明を始めると長くなるのでまたいずれ)。すぐに土産物売り場へ走っていって、「おしどりミルクケーキ」とかと一緒に買って帰った。

    数年前、妻と2人で東北ドライブ旅行をした折に、小国方面に寄ってみた。「市野々」はダム建設のため、集落ごとごっそり消えていた。


    周防大島町が運営する宮本常一データベースというのがあり、蔵書リストや年譜や、14,283件(!)の写真データを閲覧できる。昭和30年代の農村風景がちょっとすごい。

    ハイジアパーク南陽のホームページもありました。イザべラバード記念コーナーも紹介されている。

    追記:
    あらためて、ハイジアパーク南陽のサイトを見てみたら、レストランが「ワインレストラン」と「和食レストラン」に分かれていた。いや、いくらなんでもそうか。僕の記憶違いというか思いこみだったようでした。

  • 2005年3月16日

    地面に歴史が刻まれている、ということ

    夜。岡本哲志さん、寺田真理子さん、テレデザインの田島さん、および法政大学の学生さんお二人と、ロッテルダム建築ビエンナーレ出展物に関した打ち合わせ。いろいろとバタバタしていて職場を離れられなかったので、こちらの事務所までご足労頂いた。

    内容は、江戸期以前から現代まで、時代を追って東京の変遷がわかる地形図を作る、というものなのだったが、僕の手元にあるデータや画像や、パソコンで加工できる範囲などを説明し、これでも充分に「使える」ということになり、当初予測していたよりもずっと合理的かつ簡易な作業(大変は大変だが)で済むことになって、一同(僕と学生さんたち)、安堵に胸をなでおろした。やれやれ。

    ああ。ARCなんちゃらとか、本格的なGISソフトが使えるようになりたいなあ。

    2005年3月15日

    東京スリバチ学会・フィールドワークのお知らせ/おさそい

    来る4月16日(土曜日)、東京スリバチ学会第4回フィールドワーク(単なる街歩きとも言う)を行います。

    神泉か道玄坂上あたりに朝10時かそこらに集合し、都内屈指の「スリバチ」である渋谷の坂道群を巡りながら、地形と道路と建築物と路上の「自然」との関係を観察し、その後青山学院裏手あたりの小規模ながら深いスリバチを経て、都営青山団地のオープンスペースに「都市の菜園化」を観察し、次いで最先端ファッション建築ストリート、表参道の「地形」と「建築」をざっと見学し、原宿で解散する、というようなコースを計画しています。雨天の場合は延期です。

    スリバチ学会の会長にして、建築のトレンドにも詳しい、「歩く新建築」ミナガワと、(もと)カジュアルキテクトで渋谷の地形と建物の「建ち方」の関係を卒業研究した、ペット建築系マツオカ、および地表系・イノウただばか/イシカワがご案内いたします。

    集合場所、時間の詳細は追ってご案内します。
    飛び入り参加、途中参加/離脱も歓迎ですが、おおよその人数を把握するため、事前に石川あてに参加ご希望の旨お知らせ頂けると幸いです。事前にお申し込みくださった方には、スリバチ学会特製「渋谷周辺の地形が手触りのごとくよくわかるマップ・フルカラー縮刷版」を差し上げます。

    2005年3月 3日

    地上の星、天上の桜

    今回、GPSMap60CSと一緒に、アメリカのRAM社製のバイク用マウントも購入した。これでバイクや自転車のハンドルにGPSを固定する。短い金属のアームがついていて、向きを自由に変えることができる。これまで使っていたeTrexよりも画面が大きくて、カラーなので、自転車をこぎながらでも現在位置やルートの確認が容易だ。じつに面白い。これのおかげで、自宅—保育園ー調布駅の、新しい、より早いルートを発見してしまった。路地を抜けたり、公園を突っ切ったりするので、同乗の息子も大喜び。

    そんなわけで、自宅を出る際にGPSの電源を入れ、衛星を捕まえて測位し、ハンドルマウントにぱちっと固定して出発する毎朝なのだ。あまりに面白いので、電車の中でもドア際に立って「京王線による移動」の軌跡を記録しつつ、画面に表示される沿線の地図を同時進行で眺めたりしているため、通勤時の読書が進まない。明大前を過ぎて沿線の街が建て込んできて電波が途切れると、しぶしぶGPSをポケットにしまって本を開く(←ばか)。傍から見たら、完全に変なヤツだと思う。ほっといてくれ。

    「桜が創った『日本』 —ソメイヨシノ 起源への旅ー」は、目から鱗がバラバラと落ちて、歩くとジャリジャリいうような読書になり、あまりのことに、2回読んでしまった。僕だって樹木について、少なくとも建前としては素人ではないし、ある仕事の際にけっこう詳しく調べたこともあり、ソメイヨシノの人工性や、桜をめぐる言説について、それなりに見識を持っているつもりではいたのだが、これはやられた。特に第3章、著者がそれまでの丁寧な検証をふまえて、ちらっと腕時計に目をやって(みたいな感じがする)、では行きますよ、とペースを上げてからの「スピード感」がたまらない。

    しかし最近、やたらと「目から鱗」体験が多い。もしかすると僕の目というのは、ふし穴に鱗がぎっしり詰まってるだけなのかもしれないな。

    取り急ぎ、特にラ系の諸姉諸兄、今年のソメイヨシノが咲く前にお手に取ってどうぞ。強力にお勧め。

    2005年3月 2日

    杜の都のかつての。

    国土地理院の空中写真閲覧がいきなりすごいことになっている。
    空中写真検索-索引図(全国)
    北海道を除くほとんど全国をカバーした。
    例の「戦後すぐ」の写真はまだ、範囲に限りがあるが、

    公開する空中写真のうち、仙台市については、米軍が昭和30年頃に撮影した写真と、国土地理院が平成に撮影した写真を閲覧することができ、この間の変化を比較できます。

    ということなので、仙台を見てみる。

    空中写真索引(仙台東北部)

    すごい。あの「卸町」のあたりも一面、田んぼである。圃場整備される前の田んぼのようだ。機械農業の効率のために整形化される以前の田んぼは、田の面積よりも、水をたたえるための水平の確保が優先されているから、「微地形コンシャス」な形状をなしていて、畦が細かい等高線を描いている。
    仙台平野には、「高屋敷」とか「北在家」とか、なんか魅力的な地名が残っている。当時、それらがイグネに囲まれた、はっきりとした輪郭の集落だったことがよくわかる。
    自衛隊駐屯地は、平野の部分と市街地へ続く台地の部分とにまたがるように配置されているが、ちょうどその標高10mくらいで、農地の色がくっきりと異なる。たぶん、畑地と水田の違いだろう。その後の市街化の推移にも反映されているようだ。なるほど。

    いけねえ。こんなことしてる場合じゃないんだが。

    2005年3月 1日

    I'll be there

    買ってしまった。。。

    しかも、通販の配達が待ちきれず、五反田のSPAにお邪魔して(だって、卸元のいいよねっとが品切れだったのだ)、店頭で直接購入した。でも、スタッフの方にいろいろとお話を伺えたので、それはそれでよかった。

    「パソコンが買えるくらいの値段でGPS受信機を買うのか」「もう2台も持ってるじゃんか」「そんなの何に使うんだ」「使い込んでるヒマあるのかよ」などなどの、突っ込み/当然の疑問/お叱りその他に対しては、はっきり申し上げまして、まったく返す言葉もありませぬ。

    カラーの大きな液晶画面で日本語仕様で詳細地図入りで、電子コンパスも高度計もあって、ルート検索やナビゲーションができる、ほとんど「持ち歩くカーナビ」である。衝動買いをためらう値段ではあるのだが、SPAの方に聞いた話では、供給側の予想を遥かに上回って売れているそうだ。現在、製造が追いついていない状態で、品薄/品切れはしばらく続く模様。わりと年齢の高い、仕事をリタイヤしたような男性が特に購入しているらしい。

    たしかに、詳細地図入りで、ナビ機能満載のモデルというのは、むしろ初心者向きみたいなところがある。よくわからないユーザーがいきなりGekoを渡されても、途方に暮れるだろうし。

    でも、詳細地図入りのLegend-Jを使ってみて思ったことだが、道路地図が入っていると、街を歩いていても、自分が「道路だけを歩いている」ということに慣れてしまうのだ。いやもちろん、道路だけを歩いているのは当然なんだけど、なんというか。

    たとえば素のeTrexとかGekoとか、地図なしの廉価モデルGPSを持って街を歩き、何もない画面に自分の軌跡だけが描かれてゆくのを見るとき、「どこへでも行けるわたし」が「たまたま『道路』を歩いている」というような、ここが道路ですらなかったころからあった「地表」と「わたし」が直結したみたいな、何とも言えないザラザラした「地面の手触り」を感じることがある。これはたぶん、地図なしモデルでしか味わえない「原初的GPS感」とでもいうべき心持ちである。

    だから3種類くらい所有していたっていいのだ。(←誰に言い訳してるんだ)